パピートレーニングから
    成犬の問題行動カウンセリングまで
 
【クレートトレーニングは必須です!】
2016年4月16日に起こった熊本地震は大変な被害をもたらし、大勢の人が避難生活を余儀なくされています。
その中でペットともに被災し避難生活をしている方々もいらっしゃいますが、多くの方がペットがいるために車での
避難生活をしているようです。
そして狭い車内での避難生活によりエコノミー症候群のリスクが高まるため大きな問題となっています。

予めきちんとしつけをしておけは、ペットが一緒でも避難所で避難生活がおくれるかもしれません。
東日本大震災でも言われましたが改めてしつけの大切さについて、特にクレートトレーニングの重要性について
考えてもらいたいです。

避難所では犬の苦手な人やアレルギーを持つ人もいます。
周りに迷惑をかける行動をしないように基本的なしつけはしておきましょう。
 
@ クレートトレーニング
/ケージトレーニンング
避難所等ではクレート(ケージ)に入れておかなければなりません
 ケージ内で吠えたり暴れたりしないよう普段から練習しておきましょう!!
A トイレトレーニング :勝手な場所でマーキング等をしないように、決められた場所で排泄ができるようにして
 おきましょう。
B 基本的なトレーニング :避難所のような知らない場所でも「おいで」「待て」「おすわり」など基本的な指示が
 きけるようにしておきましょう。
C 様々な環境に慣れさせておく :他の動物や見知らぬ人、大きな音に驚かないようにするため、日ごろからいろいろな
 環境に慣れさせておきましょう。
D 避妊・去勢手術をしておく :動物は発情すると大きな声で鳴いたり、マーキングをするようになります。避難所での
 トラブルを防ぐためにも避妊・去勢手術を受けておきましょう。
 
クレートトレーニングとは、クレートと言われるプラスティック等でできた入れ物の中で静かに待機できるようにする
トレーニングのこと。
扉を閉めた状態で数時間〜ひと晩おとなしく待機出来ればOK。

クレートトレーニングが出来ていると、クレートを自宅以外の場所で寝床として使うことが出来るのでとても便利です。
また、車に乗せる際もクレートに入れて乗せれば安全です。
普段の生活でも役に立つことがたくさんありますのでやっておきましょう!
 

知らな場所でも
おとなしく待機

クレート 大・中・小
多頭飼いの際も役に立ちます


クレートに入れて車に乗せれば
シートベルト代りになり安全

「よし」と許可するまで
勝手には出てきません
 
災害時、サークル等に比べて持ち運びが簡単なクレートを持って避難所に逃げられれば愛犬の寝床を確保してあげられますし、クレートトレーニングが出来ていればクレートの中で静かに待機できるので避難所で一緒に生活できる可能性が高くなります。
環境省のホームページに掲載されている「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」にもペットとの同行避難の際必要な事前トレーニングとして、“ケージ等に入ることに慣れさせておく”とあります。

もし今現在、愛犬がクレートやケージの中で長時間静かに待機出来ない場合は早急にクレートトレーニングを行ってください。

教え方の簡単な手順としては
@まずクレートを好きにさせる
  →扉を開けた状態で好きなおやつを投げ入れて、何度も出入りの練習をする。
決して無理やり入れない!
   ※このステップで失敗してしまう(=嫌いにさせる)とクレートトレーニングが進めにくくなってしまいます!

A躊躇なく入るようになったらエサをクレートの中で与える
  →最初は扉を開けた状態で与える。

B慣れてきたら扉を閉めた状態でエサを与える

Cエサの時以外でも待機させる練習をする

  →飼い主さんがトイレに行く間や洗い物をしている間など、まずは短時間から練習し徐々に時間を延ばしていく。

D夜クレートで寝かせる

※初めてクレートトレーニングを行う場合は、折りたためるタイプのソフトクレートではなくプラスティックで出来たハード
クレートを使用してください。ソフトクレートは破壊されて脱走してしまう危険があるので。



災害はいつ起こるか分かりません。「いつかやろう」と先延ばしにしているといざという時に困ります。
ぜひこの機会に愛犬のために練習をしてください。

Home    新着情報    Dog Signal について    トレーニングシステム    料金 
 
プロフィール    おすすめ    問題行動を防ぐためには    リンク    お問合せ
 
copyright©2005 Dog Signal All rights reserved